活動レポート

2022年11月16日 未分類, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第17回講座開校・修了しました

11月4日(金)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第17回講座を開校しました。

 

 午前中、農業サポーター修了者の会「みのりの会」より、「農業サポートの現場」「みのりの会の活動」について、会長含め会員6名に参加いただき3名から講話をいただきました。

 「農業サポートの現場」の話では、ネギ収穫出荷調製作業を講座修了後の12月から活動を始めた。仕事のやり方は先輩サポーターから教えられる。農家の方や先輩サポーターとの人間関係が重要。服装や準備するものとしては、動きやすいものが良く季節によりあったものを準備。腕カバーやエプロンも準備しておくと良い。手袋は色々なものを準備し作業しやすいものを使う。膝あてがあると膝をつきながら作業ができる。畑での作業ではトイレがないので近くのコンビニを確認していたほうが良い。領収書(住所・名前・印鑑)や小銭も準備。

 失敗談として、カーナビを使い近くまで行ったが現場に着けなく遅刻してしまった。遅刻は信頼を失い同期の仲間に迷惑をかけてしまう。ニンジン除草でニンジンの幼葉と雑草の区別や雑草だけ抜くことが出来ずニンジンも抜いてしまった。ジャガイモ収穫で熱中症になった。脚立から落ちたなどの話しも隠さず話してもらう。楽しいことは、先輩サポーターとの話や農家さんからのお土産、田んぼで食べた弁当が美味しかったこと等も話してもらい、事故に注意しながら健康第一でサポーター活動してもらい、満足感や達成感を感じてほしいと話をしめる。受講生は、話されたことについて質問し確認をしていました。

 午後からは、「サポーター事業・登録」及び、登録から農業者へのサポートの流れ等について説明し、受講生16名全員にサポーター登録をしていただきました。その後「修了式」は、仙台市経済局次長より修了証書授与・挨拶、仙台農業協同組合代表理事副組合長より御祝辞を賜りました。 今年度養成講座修了生16名に、これから農業サポーターとして活躍することを期待いたします。

2022年10月29日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第16回講座開校しました

10月27日(木)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第16回講座を開校しました。

 

 午前は、「キャベツの収穫」で収穫の前に前回収穫残しのキャベツが1週間で成長していることを確認し、全員で一斉に収穫をした。収穫方法は前回指導しているので、忘れてないか確認をしてからの作業とした。収穫されたキャベツを見ると外葉を多く残している人もおり、個人差が見受けられたので外葉の残し方を復習し収穫。その後収穫後の残渣を片付け、有機質の施用を兼ねてソルゴーの伏せ込みを行い、道具の片付けと数量確認を実施しました。

 午後からは、「サポーター作業内容」について資料を使い説明。受講生が修了式を終えて現場に出るようになる11月の作業内容から順に説明をしていく。冬場のユキナ収穫出荷調製やネギを多く栽培している生産組合でのネギ収穫出荷調製、水稲播種作業から田植え作業補助、花き類の播種、定植、採花、出荷調製等説明する。修了・登録後は積極的にサポート活動を何回かしてみて自分に合った作業や得意な作業を確認し、継続していけるようにしてほしい事や、一度や二度の作業であきらめないで5回位違う農家で作業すると、自分に合った作業が見つけられるので頑張ってほしいこと等を話す。

 次回第17回講座が最終講座となり、受講生16名が修了予定となります。

2022年10月28日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第15回講座開校しました

10月19日(水)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第15回講座を開校しました。

 午前中は、「キャベツ収穫出荷調製」、「圃場管理」です。キャベツの収穫は前回のハクサイ同様に外葉をとりすぎないこと、外葉を付けすぎないこと、ワレのあるものは出荷出来ない、収穫時に切り口を見て腐敗、病害虫や傷害を見極め出荷可能か判断すること、切り口を乾かすこと、ハクサイよりキャベツは茎が固いので包丁の取り扱いを慎重にすること等を注意しながら、受講生全員でキャベツ収穫出荷調製と圃場片付けを実施しました。

 その後受講生全員で、パイプハウス内と実習圃場全体の除草作業を午後も継続して行い、道具の洗浄片付け、数量の確認をしました。その後受講生達は、午前中に収穫したキャベツの一部を各班で分配し持ち帰りました。

2022年10月22日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第14回講座開校しました

10月13日(木)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第14回講座を開校しました。

 

 午前中は「ホウレンソウ収穫出荷調製」、「カブ収穫出荷調製」です。前回第5回講座で実習したことを思い出してのホウレンソウ収穫出荷調製。出荷調製に時間がかかるので、実習してもらう分だけ出荷調製し、袋詰めを体験してもらう事を説明。ホウレンソウは一人20株を調製し袋詰め調製を3袋、また前回実施したカブの結束機を使った結束実習も1人3束実施しました。

 午後からは「ハクサイ収穫調製」作業です。収穫の仕方は現場で実演、外葉をとりすぎないこと、外葉を付けすぎないこと、収穫時に切り口を見て腐敗や芯ぐされ、病害虫や傷害を見極め出荷可能か判断すること、切り口を乾かすこと等を説明。その後実習圃場で、始めに収穫の仕方の実演を見てから各班収穫作業です。

 収穫作業は外葉を残すため、どこに包丁を入れて切り取るか迷いながらの作業で、外葉を多く付けすぎて収穫している受講生も見られた。ハクサイ収穫、ホウレンソウ・カブ出荷調製後は、カブ収穫後のほ場の除草を行い道具類を片付けて終了。収穫出荷調製したハクサイ・カブ・ホウレンソウの一部を各班で分配し持ち帰りました。

2022年10月22日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第13回講座開校しました

10月5日(木)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第13回講座を開校しました。

 午前は「コマツナ」と「カブ」の収穫作業です。パイプハウスのコマツナ収穫作業は前回実習をしているので、鋸鎌で根を少し残して収穫、茎を折らない、コンテナに向きを揃えて入れるなど受講生は手際よく収穫ができていたようでした。

 調製作業は、下葉や茎折れ等を取り除き、作業中に茎折れの無いようにする等説明。受講生は、下葉等の取り除きや根の切り方は手慣れたようで順調でした。「カブ」の収穫出荷調製作業では、収穫の際は茎の折れに注意する、きれいに洗浄し乾かす、枯葉や黄変した葉を取り除く、結束機械で結束する際はゆるいとカブがおどり、きついと茎が折れるので注意すること等改めて説明。その後実習圃場で、カブを1人15株収穫洗浄し乾かします。

 午後からは、各班交代しながらコマツナの袋詰めを1人3袋実習。袋詰めでは前回講座で説明したように、規定の量目より少なくならないこと、根をきれいに揃え、袋に平らに入れることが重要で花束のように丸くならないようにする等確認しながら作業を行いました。袋の下まで根がつかない、量目をなかなか揃えられないなど苦労していた受講生も見られました。カブの結束作業では、始めに枯葉・黄変した葉を取り除く作業と結束機の使い方と結束の見本を見せ、受講生全員がカブ5株一束を3束、結束機で調製をしました。受講生たちは結束が緩くならないようにすることに注意が行き過ぎて茎や葉を機械に挟み込んだり、最後まで機械を押し込まないため結束テープが切れない等苦労しているようでした。

 次回講座で再度結束作業を実習してもらいます。

2022年09月27日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第12回講座開校しました

 9月21日(水)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第12回講座を開校しました。

 午前中は「ICTを活用した施設園芸の視察研修」です。

 「ICTを活用した施設園芸の視察研修」について、当社トマトハウスICT(情報通信技術)の基本構成、インターネットで常にハウス内の環境が確認でき、携帯や事務所内のパソコンで設定を変更し環境を制御できるようになっていること、トマトの生育に適した環境を整えるため温度、湿度、CO₂、光、風を具体的な数値設定をして効果的に制御管理しているが、昨年と天気や気温が違うのでその都度設定数値を変更しながら生育に適した環境を目指していること等を説明。その後場所を移動しトマトハウスを視察。パネルで環境制御盤、施設内の機器の説明をする。

 午後からは、電気柵や ICTで温度管理のため必要な気象状況確認施設を見学説明。その後各班に分かれてハウス内コマツナ・ホウレンソウ仕上げ間引きと除草を行い終了した。

2022年09月27日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第11回講座開校しました

  9月15日(木)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第11回講座を開校しました。

 

 午前中は、ハクサイ・キャベツの追肥・中耕・土寄せ作業です。前回講座で1回目の追肥・中耕・土寄せ作業を実施した後、生育が順調に進んでいるのを受講生は喜んでいました。今回は最終追肥作業となり、鍬を使い中耕・土寄せで株元へ土を寄せます。畝の成形等を考えながらの作業です。鍬使いは前回より上手くできていたようですが、まだまだ手足の使い方がぎこちない受講生も見られました。その後、露地カブの間引き作業です。「残った株が生育に支障のない適度な間隔を保つようにする」、「生育を揃え一斉収穫ができるようにする」等を考えながらの作業です。

 午後からは、パイプハウス内コマツナ・ホウレンソウの間引き作業です。午前中に行った露地カブ同様に、生育を揃え一斉収穫ができるようにすること等を考えながらの作業です。間引き作業は講座で何度か実習していて手際よくできているのですが、「もったいない」気持ちが出てきて間隔が狭くなる傾向がみられるので、その点を注意しながらの作業でした。その後、ハウス遮光資材の除去作業、露地ホウレンソウの播種を実施しました。

2022年09月09日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第10回講座開校しました

9月2日(金)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第10回講座を開校しました。

 午前中は、パイプハウスでコマツナ・ホウレンソウの播種作業です。第3回講座で実習しているので、受講生たちはベット作りや播種機ごんべいの使い方などを思い出しながら作業を実施しましたが、鍬やレーキの使い方はまだ不慣れな受講生も見られました。

 午後からは、「ハクサイ」「キャベツ」の追肥・中耕作業です。追肥はハクサイ・キャベツ1畝に製品で500gです。肥料の散布は株元ではなく根の先端目安、中耕・土寄せは鍬で根を傷めない、適宜に株元へ土を寄せる等を考えながらの作業です。追肥作業は、畝の両側に均一に散布するよう肥料を半分に分け畝片側ずつ実施、中耕土寄せは鍬で左右どちらに土寄せが上手にできるか考えながら作業してもらいます。エダマメ・トウモロコシでも追肥・中耕・土寄せ作業をしているので、鍬使いが上手にできる受講生もいますが、まだ手足の使い方がぎこちない受講生も見られました。次回15日は、2回目の追肥中耕を予定しています。

2022年09月09日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第9回講座開校しました

8月26日(金)農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第9回講座を開校しました。

 午前中は「カブ播種作業」です。前回講座実習で使用した播種機「ごんべい」を使い6条植えとなります。畝の中心にロープを張って片側3条の播種作業で、前回に比べあまり曲がらないで播種することができたようです。その後午前・午後と「ハクサイ・キャベツ定植作業」です。鍬を使い畝立、株間が40㎝になるよう印のついているロープを使い植穴の印をつけ、その後植穴にジョウロを使い潅水しハクサイ・キャベツ苗をセルトレイから根鉢を崩さないように抜き取り、深植え・浅植えにならないように定植です。受講生は、鍬の扱いに苦労していましたがどうにか畝立し、自分達が播種した苗の状態を見て、発芽率や覆土の加減で発芽しなかったのかなど気にしていたようです。定植作業では、セルトレイから苗をうまく抜き取れたようで、作業は順調に終了しまた。その後、次回ホウレンソウ・コマツナ播種予定のパイプハウス内の除草作業を受講生全員で実施しました。

 次回実習は、ハクサイ・キャベツ追肥、カブの間引き、パイプハウス内ホウレンソウ・コマツナ播種等の予定です。

2022年08月05日 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第8回講座開校しました

 8月3日(水)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第8回講座を開校しました。

 午前中は、トウモロコシ収穫と残渣集積作業をしました。トウモロコシ収穫では、初めに防鳥網の除去と支柱抜き取り片付けをし、班毎に収穫です。その後、トウモロコシの茎を半分に切り、スコップで根ごと抜き取り集積片付けをしました。収穫したトウモロコシの集荷調製をしました。その後、エダマメ収穫は、品種ごとに根ごと抜き取り午後からの出荷調製の準備をしました。

 午後からは、エダマメの出荷規格にのっとり規格外の未熟さや・1粒さや、規格品の2~3粒さや別に手作業でもぎ取り調製です。受講生は調製作業に時間がかかり、前々回視察研修でエダマメ調製機械の実演を見て、手作業での調製に時間と労力がかかるため機械導入することを理解してくれたようです。その後、規格品の2~3粒さやをフィルム袋250gに出荷調製しました。トウモロコシは最上位の雌穂は先端まで実が入っていたが、それ以外のものは先端を手で握り先端まで実が入っていないことを確認、重量も低くなることを理解したようです。

 次回実習は、前回播種したハクサイ・キャベツの定植を予定しています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ