活動レポート

2022年11月11日 お知らせ, 募集, 地産地消イベント

仙台の農業を知るツアー「西部地域」「東部地域」参加者募集終了

2022年11月11日

地産地消イベント事業

地産地消イベント事業 仙台の農業を知るツアー「西部地域」「東部地域」参加者募集終了について

 

11月10日(木)で仙台の農業を知るツアー「西部地域」「東部地域」参加者募集を終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

2022年10月29日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第16回講座開校しました

10月27日(木)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第16回講座を開校しました。

 

 午前は、「キャベツの収穫」で収穫の前に前回収穫残しのキャベツが1週間で成長していることを確認し、全員で一斉に収穫をした。収穫方法は前回指導しているので、忘れてないか確認をしてからの作業とした。収穫されたキャベツを見ると外葉を多く残している人もおり、個人差が見受けられたので外葉の残し方を復習し収穫。その後収穫後の残渣を片付け、有機質の施用を兼ねてソルゴーの伏せ込みを行い、道具の片付けと数量確認を実施しました。

 午後からは、「サポーター作業内容」について資料を使い説明。受講生が修了式を終えて現場に出るようになる11月の作業内容から順に説明をしていく。冬場のユキナ収穫出荷調製やネギを多く栽培している生産組合でのネギ収穫出荷調製、水稲播種作業から田植え作業補助、花き類の播種、定植、採花、出荷調製等説明する。修了・登録後は積極的にサポート活動を何回かしてみて自分に合った作業や得意な作業を確認し、継続していけるようにしてほしい事や、一度や二度の作業であきらめないで5回位違う農家で作業すると、自分に合った作業が見つけられるので頑張ってほしいこと等を話す。

 次回第17回講座が最終講座となり、受講生16名が修了予定となります。

2022年10月29日 お知らせ, 募集, 地産地消イベント

地産地消イベント事業  仙台の農業を知るツアー「東部地域」参加者募集

 仙台市内の地場産食材を地元で消費する「地産地消」の運動を市内全域に広げていくため、仙台市内の小学生とその保護者を対象に、生産現場等見学会を実施することにより、地産地消に対する理解を深めてもらうイベントを開催します。

 

開催日時(雨天決行)

令和4年11月19日(土) 9時30分から15時10分頃

場  所

レタスジャパン   (仙台市若林区今泉)

フルーツパーク荒浜 (仙台市若林区荒浜新)

仙台場外市場杜の市場・各自昼食(仙台市若林区卸町)

日程と内容

9:20       集合 仙台市役所正面噴水前

9:30       出発  貸し切りバス乗車  

10:00~11:00     レタスジャパン(仲間達との農業について)

    11:30~12:50   仙台場外市場杜の市場 昼食・自由見学(各自)

13:10~14:10   フルーツパーク荒浜(震災復興・地域連携について)

15:00       到着  仙台市役所前(アンケート記入後解散)

当日の服装・持ち物など

    運動靴、飲み物、帽子を持参のこと(雨の場合は、雨具やビニールカッパ等)。

その他 筆記用具。

参加費  無料(昼食代は各自実費)

募集定員 仙台市内の小学生とその保護者 7組程度(1組3名まで)

       (応募多数の場合抽選)

申し込み方法

11月10日(木)必着

①イベント名 ②郵便番号・住所、③氏名・ふりがな・年齢(小学生・保護者とも)

④連絡先(電話・FAX・緊急連絡先)を記入のうえ、FAXかメール又は、はがきで

申し込むこと。 *上記記入漏れのないこと

 

   03-2 HP仙台の農業を知るツアー「東部地域」募集案内 (pdf)

   03-3 HP仙台の農業を知るツアー「東部地域」参加申し込み (word)

 

 申し込み・問い合せ先

仙台ターミナルビル(株)荒井事業所

〒984-0032 仙台市若林区荒井字切新田13-1 せんだい農業園芸センター

℡ 022-762-9667  fax 022-762-9668   e-mail  a.supporter@stbl.co.jp

2022年10月29日 お知らせ, 募集, 地産地消イベント

地産地消イベント事業  仙台の農業を知るツアー「西部地域」参加者募集

 仙台市内の地場産食材を地元で消費する「地産地消」の運動を市内全域に広げていくため、仙台市内の小学生とその保護者を対象に、生産現場等見学会を実施することにより、地産地消に対する理解を深めてもらうイベントを開催します。

 

開催日時(雨天決行)

令和4年11月26日(土) 9時30分から15時20分頃

場  所

くまっこ農園・渡辺重貴(仙台市太白区秋保町馬場)

はゆな花壇・丹野優奈 (仙台市太白区茂庭字中谷地)

秋保ビレッジ・各自昼食(仙台市太白区茂庭字中谷地)

日程と内容

9:20       集合 仙台市役所正面噴水前

9:30       出発  貸し切りバス乗車  

10:20~11:20     くまっこ農園(こだわりの栽培方法について)

    11:40~13:00   秋保ビレッジ  昼食・自由見学(各自)

13:10~14:10   はゆな花壇(花き栽培の思いについて)

15:00       到着  仙台市役所前(アンケート記入後解散)

当日の服装・持ち物など

    運動靴、飲み物、帽子を持参のこと(雨の場合は、雨具やビニールカッパ等)。

その他 筆記用具。

参加費  無料(昼食代は各自実費)

募集定員 仙台市内の小学生とその保護者 7組程度(1組3名まで)

       (応募多数の場合抽選)

申し込み方法

11月10日(木)必着

①イベント名 ②郵便番号・住所、③氏名・ふりがな・年齢(小学生・保護者とも)

④連絡先(電話・FAX・緊急連絡先)を記入のうえ、FAXかメール又は、はがきで

申し込みください。 *上記記入漏れにご注意ください。

   04-2 HP仙台の農業を知るツアー「西部地域」募集案内 (PDF)            

   04-3 HP仙台の農業を知るツアー 「西部地域」参加申し込み (WORD)               

申し込み・問い合せ

仙台ターミナルビル(株)荒井事業所

〒984-0032 仙台市若林区荒井字切新田13-1 せんだい農業園芸センター

℡ 022-762-9667  fax 022-762-9668   e-mail  a.supporter@stbl.co.jp

2022年10月28日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和4年度「せんだい農楽校」第15回講座開校しました

10月19日(水)令和4年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第15回講座を開校しました。

 午前中は、「キャベツ収穫出荷調製」、「圃場管理」です。キャベツの収穫は前回のハクサイ同様に外葉をとりすぎないこと、外葉を付けすぎないこと、ワレのあるものは出荷出来ない、収穫時に切り口を見て腐敗、病害虫や傷害を見極め出荷可能か判断すること、切り口を乾かすこと、ハクサイよりキャベツは茎が固いので包丁の取り扱いを慎重にすること等を注意しながら、受講生全員でキャベツ収穫出荷調製と圃場片付けを実施しました。

 その後受講生全員で、パイプハウス内と実習圃場全体の除草作業を午後も継続して行い、道具の洗浄片付け、数量の確認をしました。その後受講生達は、午前中に収穫したキャベツの一部を各班で分配し持ち帰りました。

2022年03月31日 お知らせ, 地産地消推進サポーター事業

地産地消推進サポーター事業の終了について

長年実施してきました「地産地消推進サポーター事業」につきましては、2021年度をもって終了することになりました。

 今後は、広く市民の方を対象とした地産地消イベントを開催していく事となりましたので、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 新たなイベントの開催が決まりましたらお知らせいたします。

2021年12月11日 お知らせ, 募集

【募集終了】「仙台農家の鏡餅づくりとお正月料理」の募集終了について

募集しておりました、「仙台農家の鏡餅づくりとお正月料理」ですが、募集終了いたしました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。

2021年11月29日 お知らせ

地産地消PR事業 農と触れ合う親子イベント「仙台農家の鏡餅づくりとお正月料理」の参加者募集

仙台市では、農業への関心を高め、仙台産農産物の消費拡大を図るため、市民を対象に

農業者との交流を深める地産地消イベントを開催いたします。仙台農家の鏡餅づくりとお

正月料理に参加できる方を募集します。

 

1.開催日時  令和3年12月18日(土)午前11時00分から午後12時30分頃

2.集合場所  せんだい農業園芸センター 加工棟

3.内容    鏡餅づくりとお正月料理の試食

4.当日の服装・持ち物など

        エプロン、三角巾、タオル(手拭き)、筆記用具等

5.参加費   材料費として、1人800円(税込)

6.募集定員  仙台市内の小学生とその保護者 12名程度(応募多数の場合抽選)

7.参加申し込み方法  12月10日(金)必着まで

① イベント名、② 郵便番号・住所、③ 氏名・年齢(保護者・小学生)、

④ 連絡先(電話・FAX・緊急連絡先)を記入の上、FAXかメール又は、

はがきで申し込むこと

FAX申込用フォーマットはこちらからダウンロードしてください

 

8.申し込み・問い合わせ先  仙台ターミナルビル(株)荒井事業所  担当 阿部

住 所:〒984-0032 仙台市若林区荒井字切新田13-1(農業園芸センター内)

TEL:022-762-9667 FAX:022-762-9668 E-mail:a.supporter@stbl.co.jp

 

9.その他

・新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、当日熱がある、咳が出る等の風邪の

ような症状がある方は参加を控えていただくようお願いいたします。

・感染症予防のため、マスク着用でご参加ください。また、参加者以外の加工棟への

出入りはご遠慮願います。

・自家用車でお越しの方は、せんだい農業園芸センター駐車場をご利用ください。

・FAXでの申し込みは裏面用紙を利用ください。

・参加者は見学会参加中の万一の事故に備え旅行傷害保険に加入します。

(参加者の手続き・費用負担はありません)

・お預かりした個人情報は、当地産地消PR事業にのみ利用させていただきます。

2021年06月12日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和3年度「せんだい農楽校」第4回講座開校しました

 6月10日(木)令和3年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第4回講座を開校しました。

 午前中は、エダマメ・トウモロコシの追肥・中耕作業です。初めに畝の除草・石拾いをしてから、追肥はエダマメは1畝に製品で800g、トウモロコシは1畝に製品で1.2㎏の施肥。追肥の散布は株元ではなく根の先端目安、中耕・土寄せは鍬で根を傷めない、適宜に株元へ土を寄せ倒伏を防ぐ等を考えながらの作業です。追肥作業は、畝の両側に均一に散布するよう肥料を半分に分け畝片側ずつ実施、中耕土寄せは鍬で左右どちらに土寄せが上手にできるか考えながら作業してもらいます。

 午後からは、露地とハウスのコマツナ・ホウレンソウの間引き作業です。「もったいない」という気持ちがあると株間が狭くなり、生育が揃わないばかりか病害虫の発生の原因となるので適度な間隔になるよう実施しました。その後受講生全員でほ場通路等の除草や石拾いを実施しました。

 次回講座では、コマツナ・ホウレンソウの収穫と出荷調製です。受講生に出荷袋詰めを実習してもらいます。

2021年04月14日 お知らせ, 募集

農業サポーター養成講座「せんだい農(のう)楽校(がっこう)」受講生の募集終了について

3月13日(火)で農業サポーター養成講座「せんだい農(のう)楽校(がっこう)」受講生の募集を終了しました。 たくさんのご応募ありがとうございました。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ