イベントのご案内・活動報告

2024年07月16日 お知らせ, 地産地消イベント

農業サポーター養成講座:令和6年度「せんだい農楽校」第6回講座開校しました

 今回は農業サポーターの利用実績が多い、市内農業者と直売所等の視察研修を行いました。
 午前の視察先は、若林区今泉の農業サポーター事業登録農業者です。トウモロコシの調製機と枝豆もぎ取り選別機の実演見学と体験を行いました。新鮮さが求められる野菜なので、機械を導入して迅速に作業しています。受講生は、速いスピードで選別できる機械に驚いていました。農業者からは「この作業もサポーターにお願いしている、試しにやってみましょう」と恐る恐る、慣れない手つきで挑戦しました。実際、先輩サポーターも二人一組で機械を使い日々サポート活動を行っているということでした。
 昼食は、(農)仙台イーストカントリー加工・レストラン部門の「おにぎり茶屋ちかちゃん」で、炊き立て握りたてのおにぎり2個ととん汁などボリュームたっぷりランチプレートを美味しく頂きました。
 午後の視察先は、(株)ジェイエイ仙台農産物直売所「たなばたけ高砂店」です。店長より店舗の概要や出荷している農家のようす、販売物の内容について説明をいただきました。その後、野菜の包装の仕方や品質などについて注意深く視察しました。
 次の視察先は、宮城野区福室の農業サポーター事業登録農業者です。「サポーターを利用して助かっている」サポーターに期待することは、農家によって出荷調製の方法が異なる、自分の思い込みで作業するとトラブルになるので、説明を良く聞き指示通り作業をしてほしい。また、作業場所は、トイレなど整備されていない所が多いので、周辺施設を事前に調べるなど貴重な意見を伺いました。作業依頼は、ベテランサポーターと新人サポーターのチームに依頼するので、終了後は安心して活動してほしいと温かい言葉を頂きました。
 受講生には、サポーターを活用している農業者からの話を十分に理解して、今後の講座や修了してからのサポーター活動に活かしていただきたいと思います。

2024年07月16日 お知らせ, 地産地消イベント

農業サポーター養成講座:令和6年度「せんだい農楽校」第5回講座開校しました

   午前中は、コマツナとホウレンソウの収穫作業です。5月31日の種まきから一か月足らずで収穫時期を向かえました。気温が高く経過したため、若干軟弱気味に生育しました。丁寧に扱いながら、株がバラバラにならないよう根を5~10㎜付ける、株元に土が付いているので優しく土を落す、コンテナに向きを揃えて詰め、葉が汚れないよう注意しながら作業を行いました。
 午後からは、収穫したコマツナとホウレンソウの出荷調製作業です。下葉や枯葉、虫食い葉を取り除き、包丁を使い根の長さが同じになるよう切り揃え、見栄えが良くなるよう袋詰めを行いました。消費者が直売所などで野菜を購入する際は、同じ野菜でも必ずチェックして品質の良い物を購入します。受講生にも消費者目線で作業に当たるよう指導しましたが、同じ野菜と資材を使った作業でも個人ごとの出来栄えが大きく異なり、根の揃いが悪かったり、袋詰めに手こずり茎葉を痛めたり、平らに詰めるところを丸く詰め見栄えが悪くなるなど調製の難しさを実感していました。野菜の出荷調製作業は、サポーター活動の中でも大変需要の多い作業で正確さとスピードが求められます。全員に習得してもらうよう、秋にもう一度実習を行います。

2024年06月14日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和6年度「せんだい農楽校」第4回講座開校しました

 6月7日(金)令和6年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第4回講座を開校しました。

 午前は、エダマメ・トウモロコシの追肥・中耕・土寄せ作業です。種まき後、気温が高く、降水量も多かったことから生育は順調でしたが、雑草の発生も多く、除草作業を行い追肥しました。エダマメには、根粒菌(細菌の一種)が根に付着して空気中の窒素を固定する作用がありますので、エダマメは少な目の1畝当たり製品で500g、トウモロコシは吸肥性が強いので1畝当たり製品で1㎏の追肥を行いました。肥焼けしないよう肥料は株元ではなく根の先端部分に、中耕・土寄せは鍬で根を傷めないよう株元へ倒伏防止を兼ねて行いました。

午後は、これから高温期に入り冷涼な気候を好むコマツナ・ホウレンソウンには過酷な生育環境となります。高温抑制のため遮光資材の被覆と前回種まきしたパイプハウス内のコマツナ・ホウレンソウの間引き作業を行いました。間引きは生育しやすい間隔と大きさを揃えることで一斉収穫することを目的に行います。初心者はどうしても「もったいない」という気持ちから株間が狭くなりがちです。何度も注意しながらコマツナは5cm間隔、ホウレンソウは7cm間隔になるよう行いました。、

 次回講座では、コマツナ・ホウレンソウの収穫と出荷調製です。種まきから、わずか一か月程度で収穫になります。農家からのサポート要請の中でも需要が高い作業になります。個人のセンスが問われる出荷調製作業(袋詰め)になりますので、全員に習得してもらうよう指導したいと思います。

2024年06月14日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和6年度「せんだい農楽校」第3回講座開校しました

5月31日(金)令和6年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第3回講座を開校しました。

 午前中は、5月11日に種まきしたエダマメの被覆資材を除去しました。土の保温と鳥の食害から種を守るために被覆していましたが、きれいに発芽が揃い、本葉が見え始めましたので適期の除去時期となりました。風にあおられないよう、風上から除去し次回も使いやすいように折りたたみました。次にエダマメ・トウモロコシの間引き・中耕作業です。初心者はどうしても大きいものを残す傾向がありますが、大切なのは生育を揃え、一斉に収穫できるようにすることです。残す株を考えながらトウモロコシは1本立て、エダマメは2本立てに仕上げました。次回は追肥、中耕、土寄せを同時に行う予定ですので、今回は軽く中耕と土寄せ作業を手で行いました。

 午後からは、パイプハウス内でのコマツナ・ホウレンソウの種まき作業です。鍬の使い方や種まき機(ごんべえ)の説明後、鍬で畝を作り平らにならし、ごんべえで4条のすじまきを行いました。蛇行して種まきすると後々の管理がしづらくなることから、慎重な作業が求められます。

受講生は戸惑いながらも真剣に取り組み、作業は無事終了しました。

鍬を使った実習は、慣れが必要ですが、ほとんどの受講生はまだまだ合格点に達していません。今後、実習回数が増えるごとに上達するよう期待しています。

2024年05月31日 お知らせ, 農業サポーター事業

農業サポーター養成講座:令和6年度「せんだい農楽校」第2回講座開校しました

5月15日(水)令和6年度農業サポーター養成講座「せんだい農楽校」第2回講座を開校しました。

 午前中は、最近サポーター需要が増えています、ネギの出荷調整に対応できるよう、野菜としての特性や栽培方法について受講しました。使われることが少なくなった鍬の使い方や実際の苗に触れることによって理解が深まりました。また、先日、種まきしたエダマメの発芽条件などについて、土を手で直接触れ、地温の確認や雨の影響など自然環境に大きく左右される露地栽培の難しさを学習しました。

 午後は、野菜栽培には欠かせない、水はけを良くする対策や農家で使われている種まき機の実演を行いました。最後に次回講座のコマツナ・ホウレンソウ栽培用パイプハウス内の除草を行い終了しました。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ