活動レポート

2019年12月09日 地産地消推進サポーター事業

旬の仙台産野菜を使った料理教室 ~野菜嫌いな子供でも食べたくなる料理~開催

11月28日(木)、地元で栽培された野菜を地元で消費する「地産地消」を推進するため、仙台市内の消費者15名を対象に、料理教室をガス局ショールームガスサロンで開催しました。 当日のテーマは、仙台産野菜を使い、野菜嫌いな子供でも食べられる料理作りです。メニューは「曲りネギのグラタン」「雪菜みぞれ汁」「和 風ロールはくさい」「ニンジンのステーキ」「アップルポテトロール」です。食材は、伝統野菜の仙台白菜を始め、太白区産のニンジン、泉区 産のりんごなど市内産野菜をふんだんに使用しました。美味しい野菜の見分け方やそれぞれの特長を聞きながら楽しく調理しました。 調理終了後は、自分たちで作った料理を食べながら講師との交流を行いました。参加者からは、「1本のニンジンを縦に半分にしたものが意 外においしい」「野菜をたくさん使って簡単でおいしい料理が作れた」「料理の幅が広がった」など大変参考になったとの意見が寄せられまし た。