JRフルーツパーク仙台あらはま

当施設について

仙台ターミナルビルの震災復興への想い

仙台市荒浜地区。かつて人々が住まい、田畑が広がる長閑な地域でしたが、東日本大震災による津波により、その全てがのみこまれてしまいました。

仙台ターミナルビルはこの場所をもう一度、人々の笑い声と笑顔が集う場所にしたい、この想いを胸に、仙台市の集団移転跡地の利活用事業に参画いたしました。

2021年3月18日―
震災からちょうど10年。
荒浜地区にJRフルーツパーク仙台あらはまが誕生します。

震災復興(東部被災地域の復興支援)・地域連携(東部沿岸地域の農業生産者や復興事業に参画されている事業者との連携)・農業振興(「先端技術」と「収益性の高い農業」経営モデル)を目的に、地域とともに歩み、もっと元気で感動的な東北に発展させていくという心意気を持って取り組んでまいります。

県内にお住いの方はもとより、首都圏を始め日本各地と東北、海外と東北の交流人口増の一翼を担い、県外、海外のお客さまにも魅力を感じていただける施設を目指し、地域のみなさまと一緒に歩んでまいります。

仙台ターミナルビル株式会社
代表取締役社長

松崎 哲士郎

JRフルーツパーク仙台あらはまについて

施設概要

所在地 仙台市若林区荒浜地区(住宅移転跡地)
面積 約11ha(うち圃場面積8.1ha)
事業内容
  • ①観光果樹園事業
  • ②加工体験・6次産業化支援事業
  • ③販売・飲食・各種イベント事業
  • ④貸農園事業
栽培品目 ブルーベリー、ブドウ、イチジク、梨、リンゴ、キウイ、スグリ類、イチゴ
8品目 156品種
JRフルーツパーク仙台あらはまについて
JRフルーツパーク仙台あらはまについて

コンセプト

  • 一年を通し
    旬の果物の摘み取り
  • 高品質な果物の
    市中等への供給
    (販売・ホテルレストラン等への食材提供)
  • 地域の農業生産者や
    東部沿岸地域の復興事業に
    参画している事業者等と連携
  • 旬の果物や野菜を使った
    カフェ・レストランと
    直売所の運営

公式キャラクター

JRフルーツパーク仙台あらはま公式キャラクター「フルパちゃん」

JRフルーツパーク仙台あらはま公式キャラクター「フルパちゃん」

JRフルーツパーク
仙台あらはまSNS

JRフルーツパーク仙台あらはまの情報をSNSでも情報を配信しています。

お問い合わせ

phone022-390-0770